内金城御嶽(うちかなぐすくうたき)・古道、石畳道に近い鬼餅(むーちー)行事由来の場所です。

首里金城町にある古道、石畳道は16世紀の始め、琉球王朝尚真王の時代に、那覇港に通じる主要道路として整備されたと云う。今でも240mほどが残っていて観光客が訪れている。両側には赤瓦屋根の民家が立ち並び、琉球の歴史が感じられる場所である。
画像

 内金城御嶽はバス道路から石畳道を30mも下った所から左に入る。御嶽を示すものは何もないが、「赤木」のあり場所を示す手作りの木札が目印になる。天然記念物の「大赤木」を見に来る人はいるけれど、おなじ場所に祀られている御嶽にお参りする人は少ないのかもしれない。石畳道を通らなくても、バス通りから直接降りて行く小路があり、入り口に「天然記念物首里の大アカギ」と刻まれた石柱が建っている。だが、内金城御嶽を示す案内標識は無い。
画像

画像

内金城御嶽の起源は古い。18世紀初頭に編纂された史料「琉球国由来記」に、神女(ノロ)真壁大阿母志良礼(うふあんしたり)が仕えていたとの記述があるそうだ。御嶽は二つあって、東側の大嶽を「カネノ御イベ」または「ジョルキョノ大神」、西側の小嶽を「イベツカサ御セジ」と云うそうだ。両嶽とも石積みの門で、鉄格子の扉の前に香炉が置いてある。石囲いの中には神木のアカギがあり、その下に3個の石が立てられ、東側の大嶽は男性のシンボル、西側の小嶽は女性器を表すものだそうだ。そう云われてみてもよく分からない。
画像

画像


 奥まった場所の崖下に拝所があり、傍らにブリキ板に書かれた説明文がぶら下がっていた。「この地は270余年前から旧12月8日の鬼餅(ムーチ)行事由来の場所です。鬼と化した兄を餅で策を立てた妹が、その兄鬼を墜落死させた妹の苦悶の勇気に満ちている所です」と、あった。
画像


 説明文を読んだだけでは分からない。「餅で策を立てた妹」と書いてあるが、「人を煮て喰う兄鬼を、妹が鉄片の入った餅を食べさせて、首里金城の崖から転落死させた」と云う伝承の記述(註)が、18世紀に編纂された史書『球陽』の中にあるそうだ。ガイド本には、西側の小嶽は、人食い鬼を葬った妹が祀られた拝所だと書いてある。
 旧暦12月8日に行う鬼餅(ムーチー)とは、縁起物として、練ったもち米粉を平らに伸ばして、サンニン(月桃)またはクバの葉に包み、蒸した餅を食べ、子どもの邪気を祓い健康を願う行事である。年内に子供が生まれた家では、親類や近所に鬼餅を配る風習も残っている。人を煮て喰らう鬼伝説が、子どもの邪気を祓い健康を願う行事に何で結び付いたのか、ここんところが分からない。 
なんでも、内金城御嶽の一角に、死んだ鬼の角が葬られているそうだ。ホーハイ御嶽と呼ばれ、鬼餅伝説の拝所なのだと云う。ブリキの説明板がある傍らに拝所があるが、この拝所がホーハイ御嶽なのかもしれない。この鬼を退治したのが旧暦の12月8日と伝わっていて、厄払いの日として鬼餅(うにむーちー)を作って食べるようになったと云う。
画像


内金城御嶽の境内には、推定で樹齢が200年以上にもなるアカギの大木が6本ある。樹の高さは20mを超えている。琉球列島から熱帯アジア、ポリネシア、オーストラリアにまで分布するそうだが、沖縄県内では特に珍しい樹木ではないそうだ。ただ、大木群として見られるのは此処だけだと云う。 
一際大きなアカギの傍に、これもブリキ板に手書きで、「この赤木300年の間に根元に祠が出来、旧六月十五日に神、降りられ願いごと聞きあげられていくと、古老の言い伝えあり。年に一度だけ願いごと話されてみて下さい。更にこの場所、考える力が授かる所とも云われています」と書かれていた。
画像

画像


(2014.11.3)

(註)沖縄の民話・鬼餅の由来
 幾つかの説話が残っているが、その一つを要約して記す。
 『昔、首里金城に兄妹が住んでいた。妹が嫁ぎ兄は一人で洞窟に住むようになり、夜な夜な村を襲い鶏や山羊を盗み、時には人間まで食べる大鬼と化し、村人は怖れ戦いていた。 村人の噂を確かめようと、妹は兄が住むと云う洞窟に行って見た。その時、兄は出かけていて、洞窟の中には牛やヤギの骨が散乱していた。ぐつぐつと煮立っている鍋の蓋を取ってみると、中に刺青をした人間の無残な姿を見てしまい、怖くなり逃げ帰ってしまった。 
妹は、村人のためにも兄鬼を退治しようと考え、自分の餅は普通の餅で、兄鬼に食べさせる餅は鉄片を入れた餅を作り、兄鬼が住む洞窟を訪ねた。妹は言葉巧みに誘い出し、崖の近くで揃って餅を食べることにした。兄鬼には鉄片の入った餅を渡して、妹は美味しそうに柔らかい餅を頬張った。餅を食べあぐねた兄鬼が妹の口の頑丈さに吃驚したとき、妹は咄嗟に着物を捲し上げ陰部を晒し、「上の口は餅を食べる口。下の口は鬼をかみ殺す口」と云ったかと思うと鬼兄に迫った。不意を突かれた兄鬼は足を踏み外し崖下に転落して死んでしまった。』と云うものだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック